テレビ見ながら日記

記憶力の減退などの症状が出始めているので、老化の進行を遅らせるために日記を書き始めました。

テレビ見ながら日記

ちょっと、日記を書いてみただけで、動物園へ行く気になったことは、私にとって大きな一歩だ。まだ文章にもなっていないけれど、続けて見ようと思う。

が、しかし梅雨の時期は毎年体調が今一つ。今日は一日テレビとごろ寝と決め込む。一歩進んで二歩後退。

 

 クマに遭遇し、被害にあうニュースが多い。 クマの生息域が広がっているそうだ。里山から人がいなくなり、クマの暮らしやすい地域が増えたのが原因だそうだ。

  

南米やアフリカなどの人口が増大している地域では人間のほうが野生動物の生息域に侵出してゆき、森林破壊などがどんどん進んだ結果、絶滅の危機に瀕している動物種の話題がしょっちゅう報じられている。

 

日本にも絶滅危惧種といわれる動物はたくさんいるだろうが、いっぽうで人間の過疎化のせいで生息域を広げているものもいるわけだ。うまく住み分けができるだろうか。

 

アライグマのような外来生物が増えるのは、望ましいことではない。どこかの家から逃げ出したのだろうか、夜、本物のアライグマをガラス戸越しに見たときの恐ろしさは忘れられない。タヌキなどとは比べ物にならない大きさ、大胆さだ。

 

古来から住んでいる日本の固有種が競争に負けて、いなくなってしまわないようにこれ以上日本に外来種ははいってきてほしくないものだ。