テレビ見ながら日記

記憶力の減退などの症状が出始めているので、老化の進行を遅らせるために日記を書き始めました。

イセコレクション展から学ぶ

中国の長い長いやきものの歴史を、現在東洋陶磁美術館で開催されている「イセコレクション」展の展示作品と館蔵品、そして、図録を読みながらサラッと学習しようと無謀なことを試みる。

 

まず、2つの壺

 灰釉 刻花鎬文(しのぎもん)遊環壺 と  灰釉 印文壺 越窯

f:id:ivoryw:20171016122655j:plain
f:id:ivoryw:20171016122716j:plain


これを見たとき、紀元前3世紀~5世紀(戦国時代)と1~2世紀(後漢時代)というものでありながら、すでに洗練され、完成された美しさを感じて、展示のはじめから驚いた。

 

以下、主に次の3冊の書籍から、教えていただこう。

「イセコレクション~世界を魅了した中国陶磁」

大阪市立東洋陶磁美術館コレクション~東洋陶磁の美」

「中国・韓国 日本のやきもの 大阪市立東洋陶磁美術館館蔵品名品選」

 

★商周時代から春秋戦国時代にかけて青磁の前身といえる「原始青磁」が浙江省北部を中心に発展した-----「商(殷)」って、紀元前17世紀ごろの王朝がでてきた。後漢ぐらいで驚いてはいけないのだ。

 

後漢時代になると、ついに成熟した青磁が越国の地で誕生した。

 

ここで基本の言葉をおさえよう。

 ◎灰釉(かいゆう):木炭や石灰などを媒熔剤(釉をとけやすくする成分)とし、約1,250度以上でとける高火度釉

 ◎青磁:灰釉に酸化鉄を呈色剤(釉に特有の色を出す成分)として加え、還元焔焼成すると青緑色が発色される

 

つまり、浙江省北部地域で、1,000年以上かけて、高い温度で焼く灰釉の技術が磨かれてゆき、美しい青磁が産み出されたということかな。

もうすでにため息がでるけど、ここからさらに長い青磁発展の旅があるんだねぇ。

 

さて、次は副葬品の陶器

地中にあって銀化(化学変化)した 緑釉 獣環壺 後漢時代2~3世紀

とても銀化の部分が広がっているが、それはそれできれいだ。

f:id:ivoryw:20171016134557j:plain

★青銅器の「鐘(しょう)」を模ったもの。副葬用の明器(死者とともに墓におさめた器物)

 

★副葬品としての低火度鉛釉の陶器は後漢時代に流行した

 

鉛釉:酸化鉛を媒溶剤とした、約800度でとける低火度釉

 ◎緑釉:鉛釉に酸化銅を呈色剤として加え、酸化焔焼成し、緑色が発色する。

 

 

続いて同じく副葬品として人物を模った2作品

加彩 官人 俑 北魏6世紀       加彩 女俑 唐時代8世紀

f:id:ivoryw:20171016142605j:plain
f:id:ivoryw:20171016142108j:plain

 ◎俑(よう):副葬用の陶器人形

やさしい仏像のような官人像と、手に何を持っていたのかなと惹きつけられる女性像だ。

 

昔の人は、死後も生前と同じような生活をしたいと考えて、いろいろなものをお墓に埋葬したのだ。

 

唐時代の俑といえば、やっぱり館蔵品のこの女性をはずせない。

気品ある立ち姿でいつも来館者を迎えてくれるシンボル的な存在だ。

 

f:id:ivoryw:20171016144109j:plain
f:id:ivoryw:20171016144148j:plain
加彩 婦女俑

 

唐時代では三彩がとても有名だ。 

三彩長頸瓶    三彩貼花宝相華文有蓋三足壺   三彩蓮花文三足盤 

すべて唐時代 7~8世紀    

f:id:ivoryw:20171016164457j:plain
f:id:ivoryw:20171016164514j:plain
f:id:ivoryw:20171016164532j:plain

エキゾチックで華やかな作品。盤の青色は非常に鮮やかであった。

 

 ★唐三彩は、7世紀から8世紀にかけて、河南省の鞏義窯を中心とした華北各地でつくられた。

 

三彩:緑釉、褐釉などを素地にかけわけて、800度前後の低火度で酸化焔焼成したもの。

褐釉:鉛釉に酸化鉄を呈色剤として加え、酸化焔焼成すると褐色に発色する。

藍釉:鉛釉に酸化コバルトを呈色剤に加え、酸化焔焼成すると藍色に発色する。

 

館蔵品のこちらも 加えよう。

三彩貼花宝相華文水注 唐時代7~8世紀   三彩獅子 唐時代8世紀

f:id:ivoryw:20171016171810j:plain
f:id:ivoryw:20171016171831j:plain

貼花(ちょうか):素地に別づくりした装飾を貼る技法

 

国際色豊かな唐の繁栄を偲ばせる作品だ。

 

これで1,000年くらいかな。つづきはまた今度

 

イセコレクション展 黄褐色の瓶について

イセコレクション~世界を魅了した中国陶磁 国際巡回企画展を再訪

 

今回はカメラを携えて、撮影しながらゆっくり作品を鑑賞した。

展示作品86点を1点ずつ見開きで解説している図録もいただいた。(86点のほかに会場には青銅器や堆朱の箪笥などが展示されている)

f:id:ivoryw:20171009162908j:plain

 

東洋陶磁美術館の館蔵品とイセコレクションの作品を鑑賞し(何と贅沢な!)、図録を読み、自分の撮った写真で作品に出合った印象を思い出しながら、これから中国陶磁のことを自分で少しずつでも勉強しようと意気込んでいる。

 

が、その前に、前回見て、忘れられずにいた作品について記録しておこう。

青磁 長頸瓶 南宋官窯 12~13世紀


(本当はもっともっと美しい色です。ご覧になりたい方はぜひ美術館に足をおはこびください。)

 

f:id:ivoryw:20171009164432j:plain
f:id:ivoryw:20171009163839j:plain

最初この作品を見たとき、青磁と言いながら黄褐色で、しかも何とも形容のできない肌の感じに目を離すことができなかった。

やきもののうわぐすりというのは、いくらたっぷりかけてあってもそんなに厚みはないはずなのに、どんどんその釉の世界に引き込まれてしまうような不思議さがある。

 

今日、あらためてその作品解説を読み、なるほどと唸った。

まず、作品の色については本来は「粉青色」、並んで展示してある輪花盤のような色を

望んで焼かれたのではないかということ。

f:id:ivoryw:20171009174636j:plain

青磁は還元焔焼成(と、とりあえず覚えておこう)で発色するが、この作品ではそれが酸化焔焼成になってしまい、黄褐色になっている。

 

しかし、日本ではこのような淡い黄褐色を稲の籾に例えて早くから「米色(べいしょく)青磁」と呼んで珍重しているのだそうだ。

 

そして、あの不思議に見える釉薬については「ガラスの透明感が強く、大きめの貫入と小さな貫入が立体的に入ったいわゆる『二重貫入』となっている」とある。

そうなのだ。小さな泡が湧き出すといったらよいのか、じっと眺めていると取り込まれてしまいそうだ。

まったくうわぐすりの魔法にかかったようだ。

納得しながらも、またも作品の前を去りがたく、何度か戻って眺めていた。

 

あぁ、楽しかったな。この展覧会が終わる前にもう一度会いたい。

今日はここまで。

 

 

 

 

イセコレクション展が始まった。

日記といえなくても、たまに文章を考えるだけで、頭の活性化に効果があることを実感する。中国陶磁の窯の名前などを少しずつ覚えられるようになっている。

 

さて、先週の土曜日(23日)から、東洋陶磁美術館でイセコレクション「世界を魅了した中国陶磁」展が始まっている。

濃いピンク色の大きな垂れ幕が美術館の壁を覆っていて、せんだんのき橋を渡る前から良く目立つ。このたびは派手だねぇ。

 

イセコレクションの展示は、いつもはイ・ビョンチャン博士のコレクションが展示されている3階の展示室と2階の日本陶磁の部屋の2室に展開されている。

3階の第1会場に入る前に、ロビーに飾られた紀元前12~11世紀殷時代の青銅器に足が止まる。

 

f:id:ivoryw:20171009185442j:plain

饕餮(とうてつ)文 双耳壺

魔物の顔をした恐ろしげな耳がついている。出土品という感じではなく表面が磨きこまれたようにきれいで、厳かに重々しくおかれている。

古代の祭壇に供えられていたときは、もっと鋭い光でぴかぴかに輝いていて、霊力を発していたのだろう。と、しばし想像(妄想)をめぐらす。

 

中国陶磁を見る前から、期待がふくらむ。どんなコレクションだろうか。

 

まず、戦国時代や、後漢時代の灰釉の壺があった。その、古さとすでに完成されたような技術の高さや端正さに驚かされる。

 

そして、次々、唐、北宋南宋、元、明、清とすばらしい作品が現れ、ぎゅっと濃縮された中国陶磁史を見せていただいた思いがした。

 

何と、この2室にわたるイセコレクションと、いつもの館蔵品の中国陶磁の展示を見ることによって、中国陶磁史をダイジェスト版で知ることができる。しかも第一級の美術品によって。

 

しかも、うれしいことに、この展覧会も写真撮影可である。

次回はカメラを持参して、撮影させてもらおう。

そう、青磁なんだけれど黄土色のとても美しい瓶があった。あの作品は忘れずに写真におさめよう。

  

さらに、この冬の特別展も楽しみだ。

f:id:ivoryw:20170928000538j:plain
f:id:ivoryw:20170928000557j:plain
唐代 胡人俑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柴窯とは2 

柴窯とは 

「幻の至宝 柴窯発見」(對中如雲著 祥伝社)によって教えてもらったことをまとめておこう。

歴史的文献によるとして、

中国 五代十国時代 後周(951年~960年)の皇帝柴栄(さいえい)がその地位にあった954年から959年までの5年間だけ焼かれていた皇帝のための窯(官窯)

 

1,000年以上も前に作られ、窯が開かれた期間も短期間であるため、希少性が高い。

完成品も窯跡も発見されていない究極の至宝

明代の文献では、宋代の五大名窯よりもさらにワンランク上と位置づけされる。

 

なんと、あの汝窯より上なんて、どんなやきものなのか想像もつかない。

 

この本では、中国陶磁史についても一般向けの読み物として、わかりやすく書かれていて、少し私の頭の中の整理もできた。東洋陶磁美術館で展示された作品を思い起こしてみよう。

 

宋代の五大名窯

汝窯(じょよう)北宋汝窯水仙盆」展の記憶はいまだ鮮やかだ。

 

f:id:ivoryw:20170918000828j:plain
f:id:ivoryw:20170918000449j:plain
館蔵品と特集展の特別出品

南宋官窯(なんそうかんよう)八角瓶(はっかくへい)

たっぷりとかけられた釉が何とも言えない作品

f:id:ivoryw:20170918001750j:plain

 

哥窯(かよう) 非常にたくさんの貫入(かんにゅう)がはいった管耳瓶(かんじへい) 不思議な感じがする作品

 

鈞窯(きんよう) 

水色のなかに紫の斑が浮かんでいる澱青釉紫紅斑杯(でんせいゆうしこうはんはい)

月白釉碗(げっぱくゆうわん)淡い水色の朝顔形の碗 この間の平常展にはなかったような気がする。次に展示されたら、ゆっくり見ておこう。

 

定窯(ていよう)薄づくりの優雅な白磁

f:id:ivoryw:20170918010426j:plain
f:id:ivoryw:20170918010333j:plain
f:id:ivoryw:20170918010313j:plain
刻花牡丹文瓶 刻花蓮花文洗 印花花喰鳥文盤

深みのある色 柿釉碗 これも定窯ですね。

f:id:ivoryw:20170918011830j:plain

 

 五大名窯のほかにも宋時代には、龍泉窯、磁州窯、建窯とまだまだ名窯があるのだ。

龍泉窯(りゅうせんよう) 自分の中の青磁のイメージとはまさにこんな色合いだった。

(実物とこの写真はだいぶん色が違いますが)

f:id:ivoryw:20170918012938j:plain
f:id:ivoryw:20170918013009j:plain
長頸瓶 銘「鎹」  鳳凰耳花生

磁州窯(じしゅうよう) 掻き落しという凝った技法

f:id:ivoryw:20170918014205j:plain
f:id:ivoryw:20170918014250j:plain
緑釉黒花牡丹文瓶  黒釉刻花牡丹文梅瓶

建窯(けんよう) 東洋陶磁美術館の建窯といえば国宝油滴天目茶碗

耀州窯(ようしゅうよう)

東洋陶磁美術館の顔のひとつ 刻花牡丹唐草文瓶

f:id:ivoryw:20170918015918j:plain

 

大雑把にだんだん覚えていける気がするね。よかった。今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

伝説の柴窯とは?

伝説の柴窯(さいよう)とは? 

これからじわじわと、わかってくるだろうと、のんきに構えていたところ、一週間もたたぬうちに、期せずして、私の理解を深めてくれる著作に出会った。

そう、ジュンク堂書店でさんざん時間をかけて探し物を見つけた後、疲れてレジ近くの棚の前をぼうっと眺めていたら、誰かが私のために並べてくれたかのように、目の前に置かれていた。

 

「幻の至宝 柴窯発見」(對中如雲著 祥伝社 平成18年発行)

著者は知人から託された一つの青く美しいやきものの正体を解き明かそうとする。

はたして伝説の柴窯の至宝であるのだろうか。

八年もかけた研究の過程なのであるが、歴史ミステリ仕立てになっていて、陶磁器に興味のない人でも楽しく読み進めることができる。

内容の面白さに加えて、私のような初心者にもわかりやすく書かれているので、一回目は大筋を追って一気に読み終えた。

 

今度はもう一度丁寧に、細部をたどりながら読み直しはじめている。

というのも、この本は、その問題のやきもの「青百合花瓶」がどこで生まれたものなのか、という本筋もさることながら、柴窯とそれに続く中国宋代の名窯についての手引書として読むことができて、私にはありがたいのである。

 

そもそも「柴窯」とは最高の美しさを讃えられ、奇跡とまでいわれている名窯でありながら、陶片すら出てきていない幻の窯であること、が呑み込めた。

これだから素人はいいのである。そのように有名なことでも知らずにいるから、どんどん面白くなる。

しばらくの間、青く美しいやきものの世界に浸って現実から距離をおくことができそうだ。

f:id:ivoryw:20170914011613j:plain

 

 

 

広告を非表示にする

充実した夏が終わった

夏休みが終わった気分だ。

この夏はたびたび東洋陶磁美術館に足を運び、館蔵品を集中的に鑑賞した。

短期間に何度も見ることによって、いくつかの作品の姿を自分の記憶に焼き付けることができたと思う。

贅沢な夏だった。

 

写真撮影も許可されていたので、忘備録をつけておこう。

 

と、その前に次回展覧会の案内をいただいたので、確認。

 

f:id:ivoryw:20170903150916j:plainf:id:ivoryw:20170903151001j:plain

 

9月23日(土)~12月3日(日)

イセコレクション 世界を魅了した中国陶磁

 館蔵品の兄弟姉妹のような作品も見られるのかな。

 

さて、館蔵品のおさらい(だいぶん実物と色は違いますが)

まず、韓国陶磁 (70点以上展示されていて、かなりのボリューム)

 

高麗青磁 12世紀~13世紀 うわぐすりの色が美しい。

f:id:ivoryw:20170903152527j:plainf:id:ivoryw:20170903152557j:plain

 

f:id:ivoryw:20170903154906j:plain

青磁印花夔文方形香炉(せいじいんかきもんほうけいこうろ)

青磁陰刻蓮花文三耳壺(せいじいんこくれんかもんさんじこ)

青磁象嵌蓮唐草文鶴首瓶(せいじぞうがんはすからくさもんかくしゅへい)

 

粉青粉引瓶(ふんせいこひきへい)16世紀

 f:id:ivoryw:20170903160734j:plain

 

 青花窓絵草花文面取壺(せいかまどえそうかもんめんとりつぼ)18世紀

f:id:ivoryw:20170903160817j:plain

 

鉄砂虎鷺文壺(てっしゃとらさぎもんつぼ)17世紀

f:id:ivoryw:20170903160906j:plain

 

イ・ビョンチャン博士のコレクションも60点ほど 展示されている。

 

青磁象嵌雲鶴文碗(せいじぞうがんうんかくもんわん)12世紀

f:id:ivoryw:20170903163012j:plain

 

青磁陰刻花文唾壺(せいじいんこくかもんだこ)12世紀

f:id:ivoryw:20170903163048j:plain

 

次に中国陶磁 50点弱(平常展)

緑釉 楼閣(りょくゆうろうかく)2~3世紀

f:id:ivoryw:20170903172316j:plain

 

加彩 婦女俑(かさい ふじょよう) 8世紀

f:id:ivoryw:20170903170723j:plain

 

青磁 天鶏壺(せいじてんけいこ) 6世紀

f:id:ivoryw:20170903172210j:plain

 

三彩貼花宝相華文壺(さんさいちょうかほうそうげもんつぼ)7~8世紀

f:id:ivoryw:20170903170902j:plain

 

白磁刻花牡丹文瓶(はくじこっかぼたんもんへい)10世紀~11世紀 定窯

f:id:ivoryw:20170903171107j:plain

 

黒釉刻花牡丹文梅瓶(こくゆうこっかぼたんもんめいびん)11世紀~12世紀磁州窯系

f:id:ivoryw:20170903171344j:plain

 

 青花牡丹唐草文盤(せいかぼたんからくさもんばん)14世紀 景徳鎮窯

f:id:ivoryw:20170903171520j:plain

 

 徐々に言葉などを覚えてきている感じがある。

 

特集展の特別出品 汝窯青磁 盞 11世紀~12世紀

 この展示を最後にもうお目にかかれないかもしれないとのこと。貴重なものを見せていただきました。

f:id:ivoryw:20170903175554j:plain

 

 

充実した夏が終わり、すぐにまただらだら、ごろごろの日曜日に戻る、かな

f:id:ivoryw:20170903181301j:plain

 

 

 

 

館蔵品を見る楽しみ3(東洋陶磁美術館)

日曜日に東洋陶磁美術館のアフタヌーンレクチャーを拝聴。

 

特別出品の2点(青磁盞、青磁単柄洗)をはじめとして、北宋から金時代の中国陶磁館蔵品のなかから、現在展示されている作品の魅力について解説があった。

 

鑑賞のポイント・作品にまつわるエピソード、さらに中国の窯跡の紹介もあり、自分が実際に鑑賞した記憶を重ねることで、館蔵品について理解を深めることができた。ありがとうございます。

 

(平常展期間中写真撮影が許されているので撮らせてもらったが、一度フラッシュが発光してしまい、冷や汗をかいた。)

 

(当然実物はこんなものではありません。ぜひ、本物を味わってください。)

 

いくつか自分の書いたメモを見直してみる。

 

青磁八角瓶 南宋官窯 12~13世紀 釉薬が厚くかけられている、底部に清朝宮廷の整理番号とされる751号のシールがある:そう、本当にとろっとした感じが何とも言えない宮廷の宝物だなぁ。

f:id:ivoryw:20170828223355j:plain

 

私が大好きな白磁刻花蓮花文洗 定窯 11~12世紀 光を通すほど非常に器体が薄いので、学芸員さんでも持つときに緊張するとのこと。:そのような華奢なものが伝えられていることが素晴らしいと思う。見込みが見たくて、のぞき込んでしまう。美術館のホームページ収蔵品紹介の写真で満足しよう。

f:id:ivoryw:20170828231049j:plain

 

青磁刻花牡丹唐草文瓶 耀州窯 11~12世紀 岩崎小弥太氏旧蔵:きりっとひきしまったデザインといい、彫りといい、オリーブグリーン色のうわぐすりの感じといい、どんな人(あるいは人たち)がこのようなものをつくったのだろう。

f:id:ivoryw:20170828232054j:plain

 などなど何点紹介されただろうか。時間があっという間に過ぎた。

 

そして、 またまた、いっぱい知らない言葉が出てきた。なかでも、次の3つの言葉は印象に残った。これから覚えておきたい。

「伝説の柴窯(さいよう)」

「秘色」

「越窯 えつよう」

越窯についてはあらためて館蔵品をよく見てみようと思う。楽しみがさらに増える。

 

f:id:ivoryw:20170828235445j:plain