図録「宋磁ー神秘のやきもの」2

出光美術館の展覧会図録「宋磁ー神秘のやきもの」を、東洋陶磁美術館の館蔵品やイセコレクション展の作品と重ね合わせながら楽しんでいる。

 

宋磁とは何とも素晴らしいやきものだ。

見るたび、見るたびに表情を変える釉の不思議さ

すっきりとした形

釉の下で、控えめだけれど技が光る装飾の見事さ

 

どうしてこのようなものが作り出されて、誰がどんなふうに使ったのか、どのように伝わってきたのか、ほんとに神秘のやきものだ。

  

1000年前にしてすでにその美しさは完璧……

 

f:id:ivoryw:20180608233008j:plain
f:id:ivoryw:20180608233132j:plain
f:id:ivoryw:20180608232951j:plain
f:id:ivoryw:20180608232941j:plain
f:id:ivoryw:20180608232919j:plain
f:id:ivoryw:20180608233121j:plain
イセコレクション展から

しかし、恥ずかしながら、私は20年ぐらい前から何度となく東洋陶磁美術館で宋磁に触れているというのに、心に沁みるように美しいと感じるようになったのはつい最近になってからのことだ。

 

なんという感覚の鈍さだろう。いままで無数の美しさの前を素通りしてきたのに違いない。見る目がないんだから仕方がないが。

これからは、作品との出会いを大事にしようと思う。

 

f:id:ivoryw:20180608233718j:plain
f:id:ivoryw:20180608233709j:plain
f:id:ivoryw:20180608233759j:plain
f:id:ivoryw:20180608233550j:plain
f:id:ivoryw:20180608233847j:plain
f:id:ivoryw:20180608233504j:plain
東洋陶磁美術館館蔵品から

まぁ、でも、華やかな絵付けの磁器には目を奪われるし、産地の味わいがある民芸的な陶器には手に取ってみたくなる親しさがあるけれども、宋磁のようなやきものよさはちょっとわかりにくい気もするなぁ。

 

洗練されすぎていて、品格があって近寄りがたい。

色あいが神妙というか微妙で 、現代的にはちょっと地味かねぇ。

 

 出光美術館の図録はそうした距離感を少し縮めてくれるように思える。

窯(産地)ごとに章立てしてくれているので、特徴を理解しやすい。

その中で、自分の好きな作品が見つかると、興味がましてくる。

 

f:id:ivoryw:20180608233742j:plain
f:id:ivoryw:20180610230134j:plain
f:id:ivoryw:20180608233533j:plain
f:id:ivoryw:20180608233513j:plain
f:id:ivoryw:20180608233524j:plain
f:id:ivoryw:20180608233731j:plain
東洋陶磁美術館館蔵品から

図録の作品ーやっぱり実際に見てみたいものばかり。

耀州窯の碗が2点掲載されている。これも素敵だなぁ。

 

そういえば、「中国古陶磁清玩」(東洋陶磁美術館発行)という図録を買ってときどき通勤時に仕事を忘れて楽しんでいるが、これにも耀州窯の碗がいくつか載っていて、いつかは実物を鑑賞したいと願っている。

いや、これは展示されたときに、実際に見たかもしれない。当時の私にはその美しさがわからなかっただけではないか。

 

今度は平常展でゆっくり宋磁にお会いしよう。

そのときに、いつもはお目にかかれない、どちらかというと小ぶりの作品も鑑賞できたらありがたいな。期待して待ちましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図録「宋磁ー神秘のやきもの」(出光美術館発行)

NHKテレビ日曜美術館アートシーンで出光美術館の「宋磁ー神秘のやきもの」展の紹介があった。

 

行きたいなぁ。でもそんな余裕はありませんね。

仕方がないので図録を見ることで我慢することにした。

 

一週間ほどで届いた出光美術館の図録と昨年東洋陶磁美術館で求めた「宋磁の美」を手元においてうきうきしながら眺めている。

f:id:ivoryw:20180604235341j:plain

 

図録を手にして最初に扉をあけるときの気持ちは格別だ。

東洋陶磁美術館の「宋磁の美」は写真が素晴らしくて図録自体がアートという感じがする。

作品をとりまく空気まで写っている。

f:id:ivoryw:20180604235432j:plain

 

さてさて、「宋磁ー神秘のやきもの」はどんなかな。

はじめに、宋磁についての知識が得られる読み物の部分があり、図表などもついていて、私のような初心者にはわかりやすくありがたい。

 

その見出しはつぎのとおり

1 宋時代の窯業

2 宋磁に対する評価

 2-1 後世の人々の視点

 2-2 同時代の人々の視点

3 官窯の系譜と民窯の活気:揺るぎない美への追及。憧れと倣古から始まる新たなる創造

 3-1北宋時代

 3-2南宋時代

なるほど、じっくりと何度も読ませていただこう。

 

作品は窯ごとに分けて紹介されていて、これもわかりやすく、覚えやすい。

定窯、磁州窯、遼磁、耀州窯、鈞窯、景徳鎮窯、越州窯、官窯、龍泉窯、天目、地方窯

 実際の会場の展示もそうなっているのかな。

 

東洋陶磁美術館でおなじみの名品も出張しているね。

図録の合間合間にコラム欄があって、読み物としての楽しさが増している。

 

それにしても、それぞれの窯ごとによく作品が揃っているね。

鈞窯の澱青釉とか月白釉の作品は本物を見たいなぁ。よだれが出そう。

 

会場に行けないのは、残念だけれども、東洋陶磁美術館での記憶や体験を思い起こし、図録同士を見比べながら、一品一品を鑑賞していくことにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラとセーヴル展

中之島公園のバラはもう終っただろうか。

バラと東洋陶磁美術館のセーヴル展を見に出かけた。

 

贅と技を尽くした宮廷の磁器にほうっとため息をつく。

 

f:id:ivoryw:20180520215625j:plain

 

最後の展示室(現代のセーヴル)で、別な意味ではっとする作品に出会った。

花器「Sakura」と「ゴールデン・スピリット」という作品だ。

「Sakura」は清楚さや、春の別れ、花びらが散ってゆくようなはかない美しさなどを感じさせる。

「ゴールデン・スピリット」は連れて帰りたいキュートさだ。

 

f:id:ivoryw:20180520220719j:plain

花器 Sakura

f:id:ivoryw:20180520215637j:plain

ゴールデン・スピリット

 伝統産業が未来に引き継がれるには、時代に対応して変わり続けなければならないということだろうけれど、日本のやきものは大丈夫かなぁ。

やきもの好きの私としては、心配だ。

 

何しろ、最近の私たちの食生活は食器もあまり必要としない。

加えて100円均一でそこそこの食器が大量に出回っている。

高齢になるときちんと握れないために、割れるのを嫌って、プラスチック製の食器を使用する(使用される)場合もある。

 

ゴージャスなセーヴルの磁器を鑑賞したというのに、話がさびしくなってしまった。

 

ベルサイユのばらならぬ中之島のバラを見に行こう。

盛りは過ぎてしまったが、散りかけたり、少し傷んだ花も十分にきれいだ。

 

ゲイシャ」という品種はすっかり開花したためか、それともそういう品種なのか、花芯を見せてぼたんのように咲いているのがとてもチャーミングで素敵だった。

 

f:id:ivoryw:20180520215653j:plain

ゲイシ
f:id:ivoryw:20180520220010j:plain
f:id:ivoryw:20180520222823j:plain

 

暑さと湿気に見舞われる前に、もうしばらく今日のような爽やかな日々を満喫したいものだ。

 

 

 

 

 

 

「俑」について

東洋陶磁美術館で3月まで開催されていた唐代胡人俑展では、忘れられないほどの強い印象を受けた。

もっと「俑」というものに触れてみたいという思いがあって、俑についての書物を少しずつ読み進めている。

 

専門書なので、私が読むというのもおこがましいようである。せいぜい眺めているといったほうが正しいが、それでもたくさんの写真が掲載されているので、その本の扉を開けるたびに古代の独特な造形の世界に浸ることができる。

まあ、文字があまり読めない子供が大人の本にあこがれて無理して読んでいるようなものだ。

心血を注いだ著者の方にはまことに申し訳なく思っています。

 

それでも、

俑の造形表現、それ自体が、古いのに斬新に見えて魅力的であることに加えて、

陶磁器技術の進歩、変遷とも重なっている

当時の服飾などのファッションがわかる

葬送についての考え方をうかがい知ることができる

など、俑の世界の奥行きは深く、広い、ということがおぼろげながらわかってきた。

 

また、先の胡人俑展では、女俑、胡人俑などが主に展示されてあったのだが、そのほかにも武人俑、鎮墓獣、文吏俑、男侍俑、楽人俑など、いろいろと種類があることを知り、それらの豊富な写真を見るだけで楽しい。

 

それらを見るにつけても、あの胡人俑たちは、どうしてあのように素晴らしい造形なのか、その思いは強まっている。

 

あのような素敵なものにまた会えたらよし、会えぬもよし…か。

 

ここでちょっと自分の写真も整理しておこう。  

北魏時代  6世紀 素焼き→白化粧→加彩
f:id:ivoryw:20180505223857j:plain
f:id:ivoryw:20180505223147j:plain
加彩侍女俑
f:id:ivoryw:20180505222649j:plain
f:id:ivoryw:20180505222636j:plain
加彩官人俑
隋時代 6-7世紀 白化粧→低火度鉛釉(緑釉)

f:id:ivoryw:20180505222841j:plain

緑釉加彩楽女俑

 

唐時代  7世紀 白い胎土、低火度鉛釉(黄釉)、加彩
f:id:ivoryw:20180505222847j:plain
f:id:ivoryw:20180505222823j:plain
f:id:ivoryw:20180505222832j:plain
黄釉加彩侍女俑  騎馬女俑  巻髪俑
唐時代 7世紀

f:id:ivoryw:20180505223034j:plain

加彩宮女俑
唐時代 7・8世紀 白い胎土、唐三彩(則天武后の治世に流行)
f:id:ivoryw:20180505223025j:plain
f:id:ivoryw:20180505223015j:plain
f:id:ivoryw:20180505223005j:plain
三彩侍女俑  胡人俑  鎮墓獣
唐時代 8世紀 白化粧、加彩
f:id:ivoryw:20180505222620j:plain
f:id:ivoryw:20180505223043j:plain
f:id:ivoryw:20180505222855j:plain
加彩女俑 騎馬女俑 天王俑

そして、唐時代730年 穆泰墓

f:id:ivoryw:20180505232359j:plain
f:id:ivoryw:20180505232335j:plain
加彩胡人俑

唐時代にはもうすでに長い歴史と技術が積み重ねられていたのだろう。
面白いなぁ。興味が尽きない。


さて、もう少し頑張って本の内容を理解していこう。




 

 

 

 

日本工芸館を訪ねる

今年は別れの春だった。

自分自身の最期のことも随分考えさせられた。

 

心身ともにすっかり固まってしまった私だったが、東洋陶磁美術館の胡人俑たちには、その後も2度ほど会いに行った。

何度通ってみても、そのたびそのたびに違う魅力をみせてくれる胡人俑たち。

眺めているうちに、一滴一滴と何かが心を満たしてくれた。

あの者たちも中国に帰ってしまい、もう会えないだろう。

 

花粉の攻撃に悩まされながら、年度末初めのやっつけ仕事を何とか切り抜けた。

石の下からもぞもぞと虫が這いだすように出かけてみる。

いろいろなやきものに触れてみたい。

 

難波の府立体育会館のすぐそばにある日本工芸館を初めて訪れた。

本館1階→2階→3階→屋上→別館と順路になっているところがちょっと面白く、昔の日本建築の匂いがする懐かしさを覚える建物だ。

60年近く前はモダンな建物だったろうが、今はまったくビルの谷間にあって、控えめにたっている。

 

ほとんど予備知識なく出かけたのだが、鹿児島・苗代川焼の甘酒半胴(はんず)というどっしりとしたやきものに出会えた。

f:id:ivoryw:20180408145816j:plain
f:id:ivoryw:20180408145909j:plain
f:id:ivoryw:20180408150000j:plain
苗代川焼 甘酒半胴

力強く、重厚感たっぷりだ。この甕に入れられたら、お酒もよっぽどおいしく見えただろう。

2階では、主に北・東日本の益子焼などのやきものが展示されていた。

 

平清水焼

f:id:ivoryw:20180408150925j:plain

 

屋上やベランダみたいなところには大甕や壺が展示されていた。

f:id:ivoryw:20180408151558j:plain
f:id:ivoryw:20180408151353j:plain
f:id:ivoryw:20180408151525j:plain

 


最後に売店でもあれこれと眺めて楽しんで、春らしい色の小鉢をひとつ求めた。

大阪福島のものだという。へぇ、大阪市内にも窯元があるのだねぇ。

 

f:id:ivoryw:20180408155035j:plain
f:id:ivoryw:20180408155103j:plain

 

帰りがけに今年度の展示案内もいただいた。12月の古薩摩の陶磁器展はぜひ伺いたい。

出かけてみたいところがひとつ増えた。これは出会いかな。

 

 

 

 

 

 




とりあえず、毎日を暮らす

しばらく大阪から離れていた。

九つも年若い身内が一人、病で逝った。

辛い時間に私たちを支えてくれた方々に感謝。

 

北海道の雪に埋もれた町から、にぎやかな大阪に戻ってきた。

行きも帰りも、空港や駅は外国人観光客で混雑していた。

旅する楽しさに満ちた空気の中で、私は場違いな客だった。

 

喧噪に満ちた大阪の街は、泣いてもわめいても、ほうっておいてくれる気楽なところだ。

ただいま。

半ば茫然自失としているけれど、とにかくゾンビのように職場に通う。

 

それでも、日にち薬でいつもの毎日が徐々に戻ってくる。

 

今日はインスタントコーヒーを飲んで、実においしいと感じた。

ありふれた日常を過ごせることが、本当に幸せに思う。

生きているということは、生き延びていることであって、当たり前ではないと亡き人から教えてもらった。ありがたい。

 

少し経ったら、外に出かけて、美しいものたちにまた会いに行こう。

 

 

 

 

 

 

唐代胡人俑展~出合いを忘れないように

東洋陶磁美術館の唐代胡人俑展が始まって、1か月少し。

美術館に足を運び、講座を拝聴し、図録を読み、寝る前に自分の撮った写真をスライドショーにして眺めて展示空間を思い出し、幸せな時間を満喫している。

素人の私でも、心から楽しんでいる。ありがとうございます。

 

でも、あまり来館客が伸びていないとのこと。実にもったいないなぁ

多くの人に、いろいろな味わい方をしていただきたい。俑たちにも気の毒だ。

 

そういえば、私の趣味を知っている同僚が、「あの美術館にかかっている(建物にかかっている垂れ幕の)人形何?土偶」と言っていたっけ。

土偶ときたか…そうね。土偶は広く知られている言葉だけれど、「俑」という言葉は一般的とはいいがたい。まぁ、そう言いながらも同僚は見に行ってくれるだろう。

 

長引く厳しい寒波も災いしているのかもしれない。

そういう私にも、訪れることが難しくなるやむない事情ができた。

もし講座も受講できなくなったら、何とも残念だ。

俑たちが甘粛省に帰ってしまう前に、行ける時を逃さず、会いに行かなくてはと思う。

 

過去の展覧会、イセコレクション展の米色青磁の瓶も、汝窯の特別出品の盞も、塚本快示先生の特集展の空間も、もう二度と見ることはできないけれど、その時の感動は消えない。

 

唐代胡人俑展での俑たちとの出会いも忘れずに、ずっと心の中で大事にしたいと思う。

 

f:id:ivoryw:20180126015312j:plain
f:id:ivoryw:20180126015302j:plain
f:id:ivoryw:20180126015252j:plain
f:id:ivoryw:20180126015242j:plain
f:id:ivoryw:20180126015232j:plain
f:id:ivoryw:20180126015459j:plain
f:id:ivoryw:20180126015449j:plain
f:id:ivoryw:20180126015438j:plain
f:id:ivoryw:20180126015428j:plain
f:id:ivoryw:20180126015736j:plain
f:id:ivoryw:20180126015706j:plain
f:id:ivoryw:20180126015655j:plain
f:id:ivoryw:20180126020100j:plain
f:id:ivoryw:20180126020050j:plain
f:id:ivoryw:20180126020039j:plain


まだ2か月も開催期間があるのに、感傷的になってしまった(帰らないでほしいよ)。