テレビ見ながら日記

記憶力の減退などの症状が出始めているので、老化の進行を遅らせるために日記を書き始めました。

アフタヌーン・レクチャーが待ち遠しい(8月27日 東洋陶磁美術館)

27日の日曜日、東洋陶磁美術館で主任学芸員の方のアフタヌーン・レクチャーがある。

「宋磁の美ー中国宋時代のやきものをめぐって」ありがたいなぁ。絶対行かなくては

ちょっとでも講義についてゆけるように、図録などを拾い読みする。

 

と、いってもことばが難しいので、仕方なく拾い読みになっている。何しろ、普段目にすることのない漢字がどっさり現れる。中国の地名、歴史、陶磁器の種類に関する言葉、作陶方法を表す言葉などなど。

恐れをなしてあっさり退散。要約したページを読んで頭にいれる。

 

作品名もなかなかに手ごわい。例えば「せいか れんちぎょそうもん つぼ」音読するとなんのことだかわからない。元時代の染付の大きなつぼで、泳ぐ魚や蓮の花が描かれている。あまりにも見事すぎて、圧倒されるが、作品名が覚えられなかった。(「青花 蓮池魚藻文 壺」重要文化財

 

素人の私には謎がいっぱいである。「青磁 せいじ」と名のつくものはたくさん展示されているのだが、その肌の色は灰色やオリーブグリーンなどさまざまで、私は緑がかった青だとばかり思っていたから最初は驚きであった。

 

(一見したところ、ある種の大理石の建材を思い起こさせる:すみません)哥窯(かよう)の茶碗にいたっては、どうしてこれが青磁なの、と思わずにいられない。うわぐすりや用土や焼成温度といったことで分けられるということだろうか。

 

素人だから、自由に気ままに、作品を鑑賞し、心が満たされる空間を味わっている。

それで充分なのだけれど、好きなもののことは知りたくなるもの。恐竜を愛する子供のようになりたいと思う。

 

もし、東洋陶磁美術館検定なるものがあったとしたら、まあ3点ぐらいはとれるかもしれない。これからたっぷりと謎に浸って、ゆっくりと学んでゆこう。

 

 

 

 

東洋陶磁美術館 館蔵品を見る楽しみ2

虫網を持った夏休みの子供のように、今日も東洋陶磁美術館へ。館蔵品をじっくり見るのに良いシーズン。

 

中国陶磁の大きな展示室と展示室の中間に、「自然採光展示室」という外の光をとりいれて、作品を鑑賞できる部屋があり、そこにゆったりと名品が並べられている。

 

今は「青磁 水仙盆すいせんぼん」、「青磁 鳳凰耳花生ほうおうみみはないけ」、「青磁 八角瓶はっかくへい」、「飛青磁花生とびせいじはないけ」、「油滴天目茶碗ゆてきてんもくちゃわん」の5点だ。(国宝2点、重要文化財1点を含む ご興味のある方は東洋陶磁美術館ホームページ収蔵品紹介をご覧ください)

 

古代の貴人しか見られなかったものを、間近に見る事ができる幸せ。この美術館があるから大阪に住んでいてよかったと思うほどである。

 

さて、専門的なことはわからないので、ただ作品を見て、自分なりに美しいとか面白いとか感じるだけなのであるが、ことに好きなものはある。

 

定窯(ていよう)白磁の洗(せん)と瓶(へい):白いボウルというか洗面器のようなものと花びんのようなもの この2点は必ずしっかり見て帰る。

 

2013年に開かれた定窯の窯址発掘の展覧会とそれにちなんで同時開催された塚本快示特集展で、定窯白磁にすっかり魅了され、それとともに館蔵品の値打ちが少しわかった気がした。それ以来、多少どこの窯(かま)とかいつの時代のものかを気にするようになっていっそう興味が増した。

 

前述の洗と瓶は、温かみのある白さ、どうやって焼いたのかと思うほどの器の薄さ、優雅な彫刻など、定窯の白磁の姿を1000年以上も変わらずに、壊れずに伝えてくれる。

しかも、そのまま野菜を盛ったり、花を活けたりしても、何の違和感もなく現代生活に合いそうだと私は勝手に思っている。

 

見れば見るほど、知れば知るほど興味は尽きないのだ。夏休みの宿題は終わらない。

 

f:id:ivoryw:20170815213417j:plain

 

 

 

 

 

 

東洋陶磁美術館 館蔵品を見る楽しみ

東洋陶磁美術館の展示が替わったので、さっそく訪問。華やかな特別展(今年はハンガリーのヘレンド 7月30日に終了)はもちろん素晴らしいのだけれど、私としてはいつも展示されている館蔵品がみられないとちょっと寂しい。

f:id:ivoryw:20170812210606j:plain

今日からは平常展プラス特集展、そして金子潤という作家の方の受贈記念の展示だ。

この中の特集展「宋磁の美」に北宋汝窯水仙盆と同時に展示された汝窯青磁の茶碗(盞)がまた展示されている。

水仙盆に勝るとも劣らない優美な色、形、あの茶碗にまた会える。

 

東洋陶磁美術館の順路としては大きな展示室と3階を見てから、特集展示室にたどり着く。いつもこの順路に従うと、もうほとんど力尽きてしまうので、まだ人がまばらなのを幸いに、まっすぐ、特集展示室に向かい、最初に汝窯の茶碗をゆっくりと鑑賞した。

 

完璧な形、薄くかけられたうわぐすりでこの肌の色(天青色)、900年も昔にこのような器がつくられ、しかも伝えられている奇跡(まあ奇跡といえば、この美術館の中に奇跡の展示品はいっぱいある)。

お目当てのものをしっかり堪能したのち、順路に戻った。

 

韓国陶磁をいつもより時間をかけて見る。

私は見どころ満載で順路の一番最後にある中国陶磁の展示室が好きで、韓国陶磁の展示を見るのを早めに切り上げて先を急いでしまうことが多い。

今日はゆっくり鑑賞し、高麗青磁などをあらためて美しいと思った。

 

中国陶磁の展示室では、必ず唐時代の女性のお人形(俑)に挨拶をする。彼女はいつもターンテーブルの上に立ち、終日ゆっくりと回転している。おかげで、彼女をどの角度からも眺めることができる。そして、どの角度からみても均整の取れた美しい立ち姿に感動する。

 

久しぶりに宝物を鑑賞し、1階の喫茶室でばらのソフトクリームをいただき、眼福、口福の時間を過ごした。

 

 

 

岩合さんの「ネコへの恋文」

休日の終わり 岩合光昭さんの写真エッセー「ネコへの恋文」を読み眺める。

表紙にもなっている田代島の母子のネコの写真に心が溶ける。しっぽをぴんと立てて、母親の後をついて歩く4匹の子猫のページもほほえましく、おかしい。

ネコとネコ、ネコと犬、ネコと姿は出てこないけどそのご主人、お互いの関係性がわかる場面が次々と展開されていく。ネコへの温かい気持ちがわかるエッセー。書店に行って買う予定の本を買わずに、つい、手に取ったこの本を選んでしまった。

個人的には頬がたっぷりとした大福顔のトラネコが好きだ。シチリア島無防備に眠っているオスネコ・ドメニコは私の好みのタイプ。「僕はネコになりたい」という岩合さんのことばが帯になっている。この充足しきったドメニコの顔を見ていると、私もネコになりたいと思う。

台湾の卵屋さんのネコは、これはいったいどういうネコ?宇宙人かしら。なんともいえないまなざしでこちらを見ている。

ネコに心の栄養をもらって今日はおしまいとしようか。

 

 

唯一出かけたいと思う場所(東洋陶磁美術館)

出不精の私だが、ただ一か所だけ、自発的に出かけようと思う場所がある。大阪市立東洋陶磁美術館だ。美術館の友の会の会員になると、時々開かれる講演会への案内がもらえるので、昨日は拝聴してきた。

 

自分の中で、この美術館が大事な場所と思うようになったのは、いつのころか。

お世話になっている人から、上海からきた友人を半日、大阪の名所に案内してほしいと頼まれ、断るわけにいかず、困ったことがある。言葉も通じないのにどこへお連れしたらよいものか。芸術関係の方だと聞いたので、私は苦し紛れに、彼を東洋陶磁美術館と高島屋で開かれていた「田中一村」の展覧会に案内した。だいぶん昔の話である。その頃すでに東洋陶磁美術館は私にとって、特別な場所だったようだ。

 

さて、私の偏った選択によって、美術館に案内された上海の人は、私の心配をよそに、館内の展示品を舐めるように鑑賞し、すっかり満足されたのだった。本家本元の中国の人でも、凝縮されたコレクションを見る機会は少ないのかもしれない。また、彼は本当に審美眼を持っている方だったのだろう。

 

審美眼を持ち合わせていない私のほうは、ただ単に古代の陶磁器を眺めて心が落ち着く場所として、年に数回行ったり行かなかったりを続けていたが、4年前に開催された「定窯」展のころから、興味が深まってきて、最近は少し陶磁器について勉強したいと思うようになった。昨年末から開催され、この春に終了した「北宋汝窯青磁水仙盆」展に感銘を受けたせいであろうか。

美術館側では何年も前の特別展から、この「汝窯展」につながる道筋を企画されていたのだろうか。その結果として、私のようにたくさんの人に素晴らしいものを見る機会を与えてくれたのだ。ありがたいことである。

汝窯展」で頂点を極めたように思う美術館の企画がこれからどのように展開するのか、私の年末にかけての楽しみである。

 

インタビュー記事に感動(原丈人氏)

ある経済誌に載っていた原 丈人(はら・じょうじ)さんという方のインタビュー記事を読んで感動した。「利益は株主より従業員に」という大見出し。へぇ、経営者側の人がこんなことを本気で考えているのかしら。以下、記事を少し抜き書きすると

日経ビジネス 7月3日 1898号から

〇原氏は「公益資本主義」という考え方を提唱している。

〇会社は株主のものという英米流の企業統治が主流になっている。英米の考え方は働く人の犠牲の上に企業や株主が成り立っている。

〇株主を最優先する現在の資本主義が世界にはびこれば、中間層が影響を受け、貧困層に転落してしまう。民主主義が機能する前提条件の一つは厚い中間層があること。中間層が減れば民主主義が機能しなくなる。

〇なぜ企業業績もよく株価もあがっているのにGDPは増えないのか、中間層の給料があがらず、個人消費が停滞しているから。

〇株主を豊かにすることだけが目的では中長期的視点を持った経営なんてできない。

〇日本が「会社は社会の公器」であるという理念を体現するような企業統治のモデルを作り、世界に広げていくことが重要だ。

とてもまっとうなことを、わかりやすく説いてくれている。

経営者や投資家として、輝かしい経歴、広い活躍の場を持っている人が言っているのだから重みがある。アフリカの貧困層支援に力をいれているということもすごいな、実践・実行の人だ。

こんな素晴らしい方が頑張っているのですねぇ。馬齢を重ねるだけの私ですが、世の中の片隅から拍手をおくります。

 

 

テレビ見ながら日記「ライフ」

BBC「ライフ」の素晴らしい映像が放送されている。音声を英語にすると、サー・ディビッド・アッテンボローの独特のナレーションが流れている。私には何を言っているのかわからないのであるが、なぜかなんとなくわかった気になって画面に引き寄せられる。意味がわからなくても名調子に聞こえるのだから、英語がわかったらもっと深く味わえるのだろうね。

エピソードはバッファローコモドドラゴンに襲われている凄まじい場面で終わった。生きている恐竜だねぇ。

ありがたいことに、BBCの番組は時々再放送されるので、多分この回も以前に見たことある。しかし、NHKでもBBCでもナショジオでも映像が素晴らしい自然ドキュメンタリーは何回でも飽きずに見ている。

今日は「猫ヘルパー」を見て、心和んで休もうか。ペットの猫の悩みをジャクソン・ギャラクシーが解決していく番組でなかなか人気があるようだ。ジャクソンが本当に猫のことを愛していて、猫という生物を理解して、決して人間に従わせるという態度でないところに感動する。猫についても随分と教えてくれる。

「犬」版でも同じような番組があるが、ちょっとニュアンスが違う。凶暴であったり、粗相が絶えないというのはペットとしては全く困ったことであるが、猫が犬のようになるのはあまりうれしくない。猫は猫らしく気ままなところがあって、時々人間にお愛想するぐらいがよいのではないかな。